筋トレの副業でマネタイズする方法を考えた結果、全てシェアします。

どうも、春木です。

僕も現在は副業でブログやTwitterを活用し、毎月アフィリエイト収入が月50万円程度入ってきています。

 

そしてその経験から今日は筋トレを副業でマネタイズする為に僕が練りに考えた戦略、やり方をシェアしていきます。

今稼いでいるのも、マネタイズや集客やらを考えて実行してきたので、今回はその経験を筋トレに応用する形となります。

 

「そもそもなんで筋トレなんだ?」と思うかもしれませんが、僕自身も筋トレは海上自衛隊の頃から開始し、すでに7年近く経っています。

(現在は自重なので、ずいぶん小さくなりました、、笑)

だからこそ、せっかく自分でも頑張ってきた筋トレを使って、何かしら収益を上げることができたらいいなと思い、今回の記事を書くに至りました。

特に僕の周りにも筋トレをめっちゃ頑張ってる友人がおり、そいつに対しても今後1つの稼ぐ選択肢としてアイデアを与えられたら嬉しいと思っています。

 

そのため、今回は『筋トレを使ってマネタイズするならどうやるのか?』、『筋トレで稼ぐための具体的行動は?』を僕が考えた結果として順にシェアしていきます。

今の時代は得意分野があれば稼げる

そもそも今の時代は個人が世の中にどんどん発信できる時代なので、何か1つの得意分野があるだけで稼げるようになります。

 

今はSNSの発達により、無料で誰でも始められて早ければ3ヶ月などで、自分を世間に認知させることも可能です。

春木悠春木悠

「よく個人の時代と言われますが、SNSの発達により世の中に発信できるハードルが極端に下がったんですよね」

だからこそ、今の時代であれば筋トレでも野球でも書道でも、何か1つ自分の得意分野を持つことができれば、世の中に発信し個人で稼ぐことが可能となります。

ちなみに、僕も今までは自分の得意分野を使って稼いできました。

割と特殊な例だと思いますが、僕の場合はそれがストリートナンパでした。

春木悠春木悠

「街中で知らない女性に声をかけて仲良くなることを、仕事終わりの18時から深夜24時まで毎日熱心にやっていました笑」

そして3年以上ストリートナンパにハマり、新宿や渋谷の街を駆けずり回って楽しんだ経験を使って、僕はナンパやら口説き方、恋愛のイロハを多くの人に教えてきました。

だから僕が稼げている理由も、ナンパという1つの得意分野を世の中に発信することで収益を手にした形になります。

そのため今回の筋トレも得意分野という視点で発信していくことで、稼ぐことは全然可能です。

 

ちなみにここで僕がやった発信に関しては、ナンパという得意分野にプラスして、さらに複数の要素を掛け合わせているので幅広い場所からお客さんを集めていました。

こちらの具体的な実例はakioblogさんの記事で書いたので、ぜひ読んでみてください。

参考:akioblogさんとは?副業?筋トレ?会社員?似たような経験の僕が解説した

自分の得意分野を複数掛け合わせることで、さらに個人の発信が強まるということを解説しています。

筋トレにおけるマネタイズの種類

最初に個人が発信できる時代ということで、今すぐ取り組むべき発信媒体を紹介します。

ビジネスで大事なのは、何よりもまず集客になるので、個人が今すぐ始められて集客の要となるものを話します。

 

そして今現在の発信媒体を考えていくと以下が候補となります。

・Youtube

・ブログ

・SNS系(instagram、Twitter、tikitok等)

今現在だと上記が主流であり、多くのお客さんを集めることができる発信媒体です。

特にそれぞれの媒体毎に長所短所があるので、さっと解説します。

Yooutube

長所:親近感を持ってもらえる、読者の見るハードルが低い

短所:動画を作成する手間が大きい

 

ブログ

長所:明確に問題解決策を持って訪れるため、ファン化しやすい。

短所:記事を書いて検索順位に乗るまでが長い

 

SNS系

長所:アクティブなユーザーを獲得できる

短所:毎日、日々更新する必要がある

など各媒体にもそれぞれメリット、デメリットが存在します。

正直人によって合う合わないも出てくる部分なので、自分にあったものを選ぶことをオススメします。(ここは後述します)

筋トレでマネタイズを考える時の最優先事項はお客さんを見つけること

そしてここからが重要となりますが、僕らが筋トレでマネタイズを考えるべきに重要なのは、何よりもまずお客さんを集めることです。

この最初の点を無視しては、どれだけ頑張っても稼ぐことができません。

 

例えば、これは筋トレに限らずどんな商売でも同様です。

八百屋でもセレクトショップでも、全てお客さんが訪れて商品を買ってくれるから売上が立ちビジネスとして成り立ちますよね。

それは僕らが筋トレで稼いでいく時にも変わりません。

自分でジムを作ってオープンしても、お客さんが1人も来なければ収益になりませんし、プロテインを売ろうと思ってもお客さんがいないと誰にも売ることができません。

だからこそ、まずはビジネスを始めるのであれば、何よりも先にお客さん集めを優先してやることが、副業として稼ぐ時も必須事項となります。

 

ちなみに僕もナンパブログを運営し始めた時は、ブログとTwitterを活用し徹底してお客さんを集めていました。

一時期は毎日1000PV、フォロワー数1700人ぐらいまでになりましたね。

そしてある程度集客ができた段階で、商品をアフィリエイトした結果、月50万円程度の収益を得ることができた形になります。

 

だからこそ、あなたも上記媒体を使って発信していく時にも、まずお客さんを集めることが必要なんだなと理解してもらえれば嬉しいです。

筋トレでマネタイズするにはどの層を狙うべきか?

そしてこれから筋トレでマネタイズを狙う時に、どの層を狙ってお客さんを集めていくかという話になります。

つまり僕らが筋トレを使ってマネタイズするときには、『お客さんの対象を絞る必要がある』ということです。

 

例えば筋トレのサプリを売る時も、ダイエットに興味がある人に売るのか、フィジークのコンテストに出る人に売るのかで、訴求する言葉も内容も全く変わってきますよね。

春木悠春木悠

「ダイエットをしたい人に、コンテストで勝ち抜くサプリなどの話をしても一切興味を惹かないですからね」

だからこそ僕らが筋トレを使って副業をしていく際には、最初にどの人に対して情報を届けるかを第一に考えます。

 

「じゃあ具体的に筋トレでは、どんな読者に対して届けるべきか?」となりますが、僕が考えるには『筋トレ初心者』に対して発信することをオススメします。

質問くん質問くん

「何で筋トレ初心者に対して発信するのがいいんですか?」

そもそも僕らが商品を売ったりマネタイズする上で重要なのが、より多くのお客さんに対して販売できることです。

そのためフィジークのコンテストに出たい層を集客してもいいのですが、そもそもお客さんの数が少ないので、最終的に買ってくれるお客さんはさらに少なくなります。

春木悠春木悠

「世の中でフィジークのコンテストに出たいと思ってる人は、一般的に少ないですよね、ただ逆に筋トレを始めたいと思っている人は、世の中に多いですよね」

痩せたい人、モテたい人、ガッツリした肉体になりたい人などは、知り合いでも結構多くいるはずです。

 

だからこそ、僕らが発信する上で重要なのが、自分の発信を求めるお客さんが存在するのは、どの層なのかを真っ先に考える必要があります。

その前提で考えていくと、筋トレでマネタイズを考えるときには『筋トレ初心者』という人数が多い層に対して発信していくことが、売上を最大化させることができると考えます。

筋トレでマネタイズするために、お客さんを集める具体的なアクション

ここまで筋トレにおいてお客さんを集める必要性を話してきましたが、『じゃあ具体的にどうやって集めればいいのか?』となりますが、それが先ほど出した3つの集客媒体ですね。

つまりYoutube、ブログ、SNS系を話しましたが、これを活用していきます。

 

そして「ここで私はYoutubeかな」、「いやいやブログが良さそう」など色々と悩むと思いますが、個人的にはどれでも問題ないです。

そもそも僕らの目的は『より多くのお客さんを集めること』なので、どの集客媒体でも目的は達成できます。

 

そのため自分に合っている物、もしくは興味があるものから選んでいき伸ばして行ってください。

 

ちなみに僕はナンパを発信していく時に選んだのが、Twitterとブログでした。

(上記が自分で運営するナンパブログです)

Twitterとブログを並行して、記事を書きTwitterで情報を発信したからこそ今収益がある程度立っています。

その経験も活かして、この春木ブログもTwitterを並行して運用しています。


(このブログもSNSとSEOで主に読者の方を集めている感じですね)

 

その上で、あなたのアクションとしても、まずは自分で制限をつけずに純粋にやってみたいものから選んでやってみてください。

人によっては合う合わないもあるので、ひとまずやってみるのが良いですね。

春木悠春木悠

「ちなみに知り合いでもブログは微妙だったけど、Youtubeをやり始めて速攻で登録者3万人とかになってる人もいます」

 

ただ僕はブログを使って稼いできた人間なので、もし特にこれを伸ばしたいという媒体が無ければ断然ブログをオススメします。

匿名で顔も出さずに、記事を書けば一生コンテンツとして残るので安定的に稼ぎ続ける事ができるツールだと思っています。

 

副業の筋トレでマネタイズするために

と、ここまで筋トレでの集客媒体の話をしてきましたが、次に集まったお客さんに何を売って収益化していくのかという話になります。

春木悠春木悠

「せっかく集まったお客さんに何も売らなかったら収益は0円ですからね。商品を買ってもらって、初めて僕らの収益となります」

 

一般的に筋トレでマネタイズしている人の例だと、自分のパーソナルトレーニングや、サプリ、筋トレ器具などが一般的ですね。

ブログとかだとiherbやmyproteinの紹介コードを貼ってる人もいますね。

 

僕もブログアフィリエイトがメインの収益なので、その観点から話しますが、まず筋トレでマネタイズをするのであれば初期はアフィリエイトをオススメします。

そもそも自分の商品を作ったり用意して販売することがないので、極論言えばお客さんさえ集めることができれば、最初から商品を紹介して収益を得ることができますからね。

春木悠春木悠

「商品を紹介して売れるような導線を作ってから、今度は自分の商品やパーソナルトレーニングなどを売れば失敗も少なくなります」

だからこそ、まずは他人の商品を売っていくアフィリエイトを圧倒的にオススメします。

 

ちなみに僕も今までの収益はアフィリエイトがほとんどのなので、その知識を元に教えられることは多いと思っています。

以下記事なども実際にアフィリエイトで稼いだ経験を元に話しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

参考:恋愛商材アフィリエイトでブログ素人が月23万円稼いだ方法を紹介します。

参考:有料noteで収益化のコツは?3日で7万円稼いだ僕のやり方を暴露します。

 

そしてアフィリエイトを行い、お客さんが集まる流れと商品の売れるパターンが見つかれば、次に自分で商品を作ったりする事が可能になります。

自分で商品を作成する事ができれば、さらに利益率も高くなるので。

 

と、ここまで話しましたが実際に筋トレで収益を得るのも、戦略を考えてやれば稼ぐことができるので、まずはここで話したことを念頭に発信から始めてみてください。

もし発信方法の具体的な方法や、やり方なども知りたいという方がいればメルマガに登録ください。

参考:Amazon電子書籍プレゼントキャンペーン&ハルキの公式メールマガジン

 

では、今日はこれぐらいで。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

また会いましょう。

 

この記事に対する質問や疑問はコチラからお願いします。

ブログでは話せない。僕が手取り18万円サラリーマンから独立した裏話があります。

僕は、副業としてビジネスを開始した1ヶ月後に10万円を稼ぎ、その5ヶ月後には月50万円をほぼ自動で稼ぎました。

50万円に到達した時は、奥さんの出産にフルサポート状態だったので正直仕事なんて全くしませんでした。

 

ですが、そんな僕も元々は手取り18万円、みずほ銀行の貯金15万円しか無い貧乏サラリーマンでした。

・毎日、都営大江戸線の満員電車に詰め込まれて通勤。
・ランチは持参した具なしおにぎりとコンビニで買ったちくわのみ。
・零細企業だったので、ボーナスは1年に1回の5万円だけ。

 

そんな僕が奥さんの妊娠をきっかけにビジネスを開始して、一家3人を養える状態まで辿り着くことができました。

 

そして今回僕が副業としてビジネスをスタートさせ、現在稼ぐ状態に至った実話を、先日一冊の書籍にまとめました。

発売したところ反響も多く、さらに求めてる人の手に取ってもらいたい思いもあり、今回電子書籍を僕のメルマガ読者さん限定で、登録特典としてプレゼントしています。

ストーリー形式の書籍なので、20分もあればサクッと読めると思います。

僕が月50万円稼ぐ主夫になれた方法も載せているので、ぜひ読んでみてください。

Amazon電子書籍プレゼントキャンペーン&ハルキの公式メールマガジン