同級生が月15,000円のお小遣いと聞いて、増やす方法をアドバイスしてみた結果・・・

スタバに行くことが朝の日課になっているので、もはやスタバ前に引っ越そうか悩んでいます。

どうも、ハルキです。

 

最近、地元の同級生と近くの温泉に行く機会がありました。

この友達も21歳で結婚して、現在2歳になる子供がおり、現在子育て真っ最中の僕からしたら色々知りたいことばかりです。

 

ということで一緒に温泉に行き、お互いの結婚状況も話しつつですが、メインは同級生のお小遣いの話になっていきました。

現在はお金面が厳しいらしい

同級生の暮らしは、奥さんと子供の3人暮らしで、友達が仕事をして奥さんは家事と育児が担当になっています。

結果として、現在は友達の給料だけで、奥さんと子供を養っている状態です。

でも家も賃貸なので毎月お金がかかりますし、しかも車がないと仕事や買い物にも行けない超田舎なので、車を買った際のローンもあります。

春木悠春木悠

「ちなみに僕の実家も最寄駅から徒歩2時間です。徒歩で数えるのが完全ミスってます。」

 

そして友達の家庭では、家計を安定させるためにお小遣い制が導入されたらしいです。

 

結果的に同級生は、毎月15,000円のお小遣い生活になったそうです。

ただ正直15,000円じゃ何もできないと嘆いていました。

改めて考えてみると、15,000円なんて書籍を買ったら15冊、いちご狩りに使えば10回分・・・。

「そう考えると意外に使えるじゃん」と思いましたが、でも靴を買ったら普通に15,000円は行きますし、飲みにいけば2回で消えます。

 

結果的にお小遣い制が導入されて、友達は今まで吸っていたタバコも一切やめて、自宅での晩酌も一切しないようになったらしいです。

15,000円の使い道

ただそんな友達は毎月15,000円を何に使ってるかといえば、基本的には飲み代です。

1ヶ月に2回ほど地元の友達や、会社の人と一緒に飲みに行き、お小遣いを全て消費しているとのことでした。

普通の居酒屋でも一回飲みにいけば、5,000円はかかりますよね。

トリキであれば5回ぐらい行けるかもしれませんが、毎回あの雰囲気は20歳の勢いが必要です。

春木悠春木悠

「ちなみに僕が会ったこの時は、ご飯代と温泉代で1,800円。お財布に優しいですね」

 

そして友達も「もう15,000円だと全然遊び行けないし毎日キツすぎるわ」と悩んでいたので、僕も個人で仕事をしてる観点から、僕ならどうするかを話してみました。

これで逆に友達も有意義な使い方ができれば嬉しいですし。

お金は全て積み重なるものへ

友達の現状だと、15,000円を全て毎月の飲み代に使っています。

もちろん僕も飲みに行きますし、それ自体は悪いことではないですが、その飲み会を毎月2回、年に24回行って、それが自分に積み重なっているかが疑問です。

 

そもそもお金の使い方でよく言われるのが、投資、消費、浪費の3つです。

友達の保険の営業マンがよくこの3つの喩えを使っていますが、僕もこの3つは非常に分かりやすいなと思います。

浪費の定義とは、生活に必要のない出費(嗜好品系や趣味)

消費の定義とは、生活する上で必要な出費(食べ物や洋服住居など)

投資の定義とは、生活に必要はないものの、将来に役立つ出費(スキルやコンテンツ)

いつも会う友人との飲み会は浪費か、よくて消費です。

「ストレス解消は必ず必要だし消費だろう。」と思うかもしれませんが、その消費をしたところで、将来には役立ちにくいですよね。

その繋がりが今後、家族を助けて収入や時間を増やしてくれるのか?と考えると、多分無理ゲーに近いはずです。

 

だからこそお金の使い方は、確実に未来に向けての投資にした方がいいです。

仕事の辛さもあるしストレスも溜まると思いますが、それでもお金は浪費や消費だけでは一切増えません。

 

だからこそ、お金を自分のストレス解消に使うのじゃなくて、より今後リターンが高く自分に返ってくるものに使うことです。

 

例えばですが、飲み会でも、ある条件が合えば投資に変わります。

それが知らない人や新しい人との飲み会です。少なからず知らない人と飲むことで新しい発見や繋がりが生まれますし、人間関係が積み上がることになるので投資ですよね。

 

他にも無形資産と呼ばれるものにお金を使うことも、投資です。

これは僕の書籍の方でも話していますが、目に見えない知識や体験です。

 

書籍や教材を買ってインプットして学んだり、さらにレストランや映画での食事も体験の1つですね。

ちなみに体験に関しては一見消費や浪費に近いと思いますが、体験は自分の活動や知見を広げてくれます。

高級レストランのサービスも受けてみると、自分の集客記事等のコンテンツの1つになります。

逆にずっと家に閉じこもっていたら、新しい知識や面白い話なども一切できないですからね。

春木悠春木悠

「僕も新しいカフェだったり、行ったことがない場所には積極的にいくようにしていますね」

 

逆に投資でやらないほうがいいものもあります。

それが、株などへの金融投資ですね。

そもそも、資産が少ない状態で株を運用しても結局大きな利益は得られません。

利回り2%の株式に2万円投資したとしても、年間利益は400円です。

結局2万円を使えない状態になったにもかかわらず、1年でスタバのコーヒー1杯分しか利益が得られません。

 

逆にこれが資産2億円ぐらいあれば、年間利益400万になるのでやる価値はありますが、資産が少ない段階では株をやるよりもフルスロットルで体験や知識に投資した方が、確実にリターンが高いです。

ちなみに僕も20歳の頃に、短期的にお金を稼ぐために株へ手を出し、100万円ぐらい失っています。

この時のお金は、僕が成人するまでにおばあちゃんが貯めてくれた50万円でしたが、全て株に突っ込み20年間の積み重ねが一晩で消えました。

 

その失敗のせいもあり、今の僕はスキルや体験を重要視しています。

「だから毎回飲み会に使うのじゃなくて、投資になるように、自分の知識や経験に対してお金を使った方がいいよ。」と、ここまでを友達に説明しました。

すると、「まあ、そういう考えもあるよね。今後やっていくわと、絶対にやらない上辺の返事をありがたくもらいました笑

 

まあ、彼なりにいろんな考えがあると思いますので、その時は「そうだね、自分で考えてやるのがいいよね」とそれ以上は何も言いませんでしたが、でもやっぱり仲の良い友達なので、金銭的に厳しい状況を脱して欲しいですし、欲を言うならお互いに成長したいですからね。

 

だからこそ、今後またこの話が響くことがあれば良いなと思います。

お金は範囲内で使うか、より増やすのか

この友達の15000円のお小遣いの話を受けて、僕もどう使えばいいのかを改めて考えてみました。

 

まず15,000円に対して、どう解釈するかがメインになると思っています。

この15,000円内でやりくりするのか、逆にこの15,000円を増やしていこうと考えるのか。

多分友達の考えだと、この15,000円で毎回どうやりくりしていくのかをメインに考えています。

 

そしてお小遣いを増やしたいと思ったら奥さんに交渉すると思いますが、でも全体の繋がりで見ると、交渉は何も好循環になりません。

奥さんも家計を安定させて子供のために貯金をするための結果として、旦那さんのお小遣いが15,000円になっています。

つまり交渉して自分のお小遣いを増やすことは、家計をさらに切り詰めるか、貯金を切り崩すかなので自分だけの幸福にしかなりません。

 

だからこそやるべきことは、15,000円を手元で増やすことですよね。

お小遣いはある部分に集中投下

そもそも僕ら人間は浪費が大好きです。

飲み会、ギャンブル、ゲーム課金などはもう鉄板です。

春木悠春木悠

僕は中学2年生の時にお年玉の5万円を三ヶ日中でオンラインゲームの課金にぶっ込んでいました。

他にも20歳になった瞬間に競馬へ行き、モツ煮を食べながら、競馬新聞を読み、単勝で1万円を掛けて何回も負けていました。

 

それほど僕も浪費や意味のないお金の使い方をしていましたが、今は自分でビジネスを行い奥さんや子供を養っています。

そのため、昔よりは身になる使い方ができるのかなと思います。

 

そして僕も友達の状況で毎月15,000円のお小遣いであれば何をするのか考えてみると、まず不要な飲み会は止めるなと考えました。

この飲み会を10回以上積み重ねても、望む未来が手に入らないと判断するからですね。

逆に上司との飲み会で懇意にして仕事に繋がるのであれば行きますが、この場合はただの仲のいい会社の同期なので、恐らく繰り返しても出世にもならないはずです。

基本的に僕らが物事を考える上では、目の前のことを何回も繰り返して、得たい未来が手に入るかを基準にするとやるべきことが見えてきます。

その観点で考えると毎日競馬をしても積み重なるものがないですし、スロットもパチンコも同様です。

そのため、やるとしたら毎回TwitterやYoutubeで発信、もしくはブログを使っての発信などは毎回積み重なり、何回も繰り返していくと影響力が付き最終的に得たい未来に近づきます。

 

そして飲み会を止めれば15,000円が浮くので、ひとまずローンを組んでPCを買います。

ちなみに中古PCであれば、4万円程度でも買えてしまいます。

春木悠春木悠

「個人的にはapple製品が好きなので、macbookにするかもですが笑」

またPCがなくてもスマホでも仕事ができますが、基本的に文章を打ったりの作業を考えると、まだまだPCの方が便利です。

そして手元にPCが揃えば、あとは自分で発信していきます。

僕の場合はブログをメインにして発信を考えますが、今はYoutubeやインスタもあります。

そして後はひたすらブログを書きます。並行してツイッターやらYoutubeを開始しますね。

 

ちなみにここまでブログを書いて、Twitterもやり、Youtubeをやっても費用がほぼかかりません。

強いて言えば、ブログのサーバー代500円ぐらいですが、ここもお小遣いの範囲内です。

 

その後は毎月奥さんからお小遣いがもらえるので、そのお小遣いをフルで知識に投資していきます。

教材を買ったり、本を買ったり、もしくはローンを組んでコンサルをお願いしたりなど、そうやって自分が積み重なるものに使うはずです。

結局自分で独学で頑張っても、適切な教えを受けた方が伸びる確率が高まります。

僕も2年間ブログをやって全然成果が出なかったですが、お金を払って人に教えてもらったところ、翌月には10万円、20万円と収益がどんどん伸びていきました。

参考:家族との時間を過ごすためにネットビジネスを頑張った結果 、月50万円稼いだ軌跡を話す

そうやって僕も15,000円のお小遣いなら、自分でこのような形で徐々に積み重なり伸ばしていくかなと思います。

 

 

ちなみに「息抜きやリフレッシュはどうするんですか?そのためのお金は?」と思うかもしれませんが、基本的にリフレッシュはお金が無くても問題ないです。

僕もリフレッシュする時は、近所を散歩orジョギング、自宅で筋トレ、友達とたまにお茶、自宅でPrimeVideoを見るなど基本的にお金がほぼ掛かりません。

自律神経などをメインに考えれば、飲み会よりも運動した方がリフレッシュになりますし。

 

そんな感じの使い方をすると思うので、やはり最初に手元にある15,000円は無くなります。
でも自分で稼げるようになれば、15,000円が5万円になり、10万円になり、20万円になるんです。

すると家計を圧迫することなく、子供の貯金もできて、さらに家族一緒に旅行に行ったり、おいしいご飯を食べにいくこともできますからね。

この使い方が誰も不幸にならず、幸せな使い方だと思います。

あるものをどう使うかで人生が決まる。

正直我慢をしなくても友達の会社であれば、昇進やボーナスでお金は入ると思います。

大手企業なので、そこら辺の福利厚生はしっかりしていますし。

ただその昇進やボーナスも同じような飲み会に使っていたら、結局今と同じ人生の延長線上でしかないです。

 

それが悪いわけじゃないですが、もし何か起こった際にも個人で生きれるスキルや能力が合った方が何かと保険にもなります。

そのため何回も言いますが、限られたお金を使うのであれば、積み重なるものに対して使うことが一番いい使い方だと思います。

家族がいる環境だと難しいかも

「でも、家族がいて子供もいる環境だと難しいかも」と言う声もあります。

僕も今は育児を手伝いつつ、家事をして自分で仕事もしていますが、むっちゃキツイです。

主菜、副菜、スープなどを作ったら1時間ぐらいかかりますし、掃除機で床を綺麗にして近くのイトーヨーカ堂で買い物をしたりと全然時間が足りません。

 

でもそうは言っても、やらないと何も変わりません。

僕もその中で仕事をしていますし、多少睡眠時間を削っても行動はしています。

 

最初にキツイのも時間がないのも理解できますが、それでもなんとか時間を捻出して行動しなければ人生は変わらないです。

特に今の時代は新しいことを始める時に、金銭的リスクがものすごく低いです。

PCさえあれば、お金なんてほぼかかりません。

 

だからこそ、時間だけをなんとか捻出して行動すれば、今後大きなリターンを得ることができます。

ちなみに僕の知り合いで4歳の娘を抱えるシングルマザーで、パートと育児、家事をやりながらアフィリエイトで月100万円を稼ぎました。

彼女の場合も毎日睡眠時間3時間で、空いた時間を全てPC作業に使ったそうです。

しかもシングルマザーなので、育児も家事も全て自分でやりパートで毎日辛いはずですが、それでも結果を出しています。

 

言い訳を無くしてここまでコミットできれば、稼ぐことなんて秒じゃないかなと思えますね。

春木悠春木悠

「僕もこの主婦の方の話を聞くと触発されて頑張るモチベーションになっています。笑」

 

厳しいことも最後に話しましたが、15,000円のお小遣いをどう使うかを考えて、より投資になる使い方がお勧めという話でした。

結局は自分だけじゃなくて、奥さんや家族のために使えるお金と時間を増やすことが最大の幸せですからね。

 

では、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

また会いましょう。

 

ブログでは話せない。僕が手取り18万円サラリーマンから独立した裏話があります。

僕は、副業としてビジネスを開始した1ヶ月後に10万円を稼ぎ、その5ヶ月後には月50万円をほぼ自動で稼ぎました。

50万円に到達した時は、奥さんの出産にフルサポート状態だったので正直仕事なんて全くしませんでした。

 

ですが、そんな僕も元々は手取り18万円、みずほ銀行の貯金15万円しか無い貧乏サラリーマンでした。

・毎日、都営大江戸線の満員電車に詰め込まれて通勤。
・ランチは持参した具なしおにぎりとコンビニで買ったちくわのみ。
・零細企業だったので、ボーナスは1年に1回の5万円だけ。

 

そんな僕が奥さんの妊娠をきっかけにビジネスを開始して、一家3人を養える状態まで辿り着くことができました。

 

そして今回僕が副業としてビジネスをスタートさせ、現在稼ぐ状態に至った実話を、先日一冊の書籍にまとめました。

発売したところ反響も多く、さらに求めてる人の手に取ってもらいたい思いもあり、今回電子書籍を僕のメルマガ読者さん限定で、登録特典としてプレゼントしています。

ストーリー形式の書籍なので、20分もあればサクッと読めると思います。

僕が月50万円稼ぐ主夫になれた方法も載せているので、ぜひ読んでみてください。

Amazon電子書籍プレゼントキャンペーン&ハルキの公式メールマガジン